おもしろいインターネット(旧:池袋で働く編集長のブログ)

「人生から逃げるのではなく、人生に立ち向かう本を」 Powered by. 編集集団WawW ! Publishing

出版社外部から、どうやって本の部数を調べるのか?

グッグッモーニン!
編集集団WawW ! Publishing代表の乙丸です。

過去の仕事は→ http://thnktnk.jp/achievements/
仕事のご用命は masuno.otoma■gmail.com(■を@にかえて下さい) へ。



■やっぱ最初はマーケットリサーチから
今日は、本のマーケットに興味があるけれど、外部の人間だから、各本がどれぐらい売れてるのか分からん!

という人のためにお役立ち情報を書きたいと思います。

どんな商品も、まずはマーケットリサーチからはじめる必要があります。

それは本の市場でも同じで、紙の本の企画・編集をしている、うちみたいな編集プロダクションや、出版社の編集者にとっては、かなり重要な情報です。

で、出版社の人だったら、紀伊國屋パブラインという紀伊國屋書店が出してる情報や、取次会社の日販が出してる情報などで、他社の本の情報も丸わかりになっています。

が、紀伊國屋パブラインも、会費制で結構高い(月10万円ぐらいとか聞いたことがあります。ご存知のかた教えて下さい)ので、我々、小規模編プロや、一般の作家さん、作家さん志望の人には手を出しづらい・・・。

そこで、そんな弱小編プロが生き抜いていくために編み出した方法を紹介します。


■答え:google先生が教えてくれる
答えは、グーグル先生が教えてくれる。です。

単純です。調べたい本が何万部出てるか?を調べるには、

「◯◯◯◯(←本のタイトル) 万部」 で検索!

例えば、先日僕は 「僕が高杉晋作より坂本龍馬のほうが数倍かっこいいと思うたった1つの理由: 【祝】池田貴将さん(@ikedatakamasa)著『覚悟の磨き方』22万部突破!」 という記事を書きましたが、

『覚悟の磨き方』が22万部突破していることも、この方法で調べました。

実際にやってみましょう・・・。

1.「覚悟の磨き方 万部」 で検索!!

すると・・・、

写真

上の画像の感じで、続々と、●万部突破情報が更新されています。

2.で、その更新情報の中で、一番新しい情報を探します。

この中で言うと「22万部突破」が最新ですので、先日の 「僕が高杉晋作より坂本龍馬のほうが数倍かっこいいと思うたった1つの理由: 【祝】池田貴将さん(@ikedatakamasa)著『覚悟の磨き方』22万部突破!」 という記事が書けた、というわけです。


■何万部も出てない本はどう調べるか?
でもこの方法だと、まだ「何万部突破」というところまで至っていない本の情報は調べることができません。

が、そのための方法も、まだあります!

が、今日は時間がなくなってしまっため、その情報はまた後で書きたいと思います。

最後に、僕がこうやって調べた情報を何に使ってるのか?という話ですが・・・

1.まず、何かの本の企画をした時に、真っ先にアマゾンで売れているらしい同ジャンルの本を探してきて、この方法で一斉に検索をかけます

2.で、「おー、このジャンルで売れてる本、結構あるやん!」となったら、その企画の市場は、少なくともあることが判断できます。

3.で、その時調べた数字を、出版社に提出する企画書にデカデカと書きます(企画書に「売れている類書」という項目を入れるんですね)。

4.すると、出版社の編集さんも「おー、この企画の市場大きいやん!」ということが分かってくれて、企画が通りやすくなります

これから本を出したい!企画を出版社に持ち込みたい!という人は、ぜひやってみて下さい☆

ちなみに僕は、編プロとして独立する前、出版社にいた頃も、わざわざ厳密な数字を調べると時間かかるので、この方法で類書の部数調べて、企画書に数字を書き込んでました^^


あっ、うちに企画持ち込んでもらってもいいんですよ。
うちにももちろん審査ありますが、弊社は、毎時、持ち込み大歓迎な編プロです☆ ( masuno.otoma■gmail.com (■を@にかえて)までどぞー!)


現場からは以上です!!


広告を非表示にする