おもしろいインターネット(旧:池袋で働く編集長のブログ)

「人生から逃げるのではなく、人生に立ち向かう本を」 Powered by. 編集集団WawW ! Publishing

服を選んでいる時に気づいた「決断」について重要なたった1つのこと

夕方ですけど、グッグッモーニン!
編集集団WawW ! Publishing代表の乙丸です。

いま、 イケダハヤトのブロ部(4月生) の3回目の講義中で、塾生の皆さんワーク中につき、部長の僕はひっそりとブログを更新したいと思います。


■なんかクロゼットに着ない服が増えてきて考えた

こないだ、地元に親友の結婚式で帰って、友だちが着ていた青いシャツがすごく格好良かったので、東京に帰ったら似たようなのを探そう! と思って、実際に新宿で色々お店を回ってきました。

回ったのは、ZARAとH&Mと、TAKA-Qと、エディフィスです。

僕は、気になる服は全部試着するほうなんですが、最近どうも、「試着してる」のにも関わらず、家に持って帰ったら以外と着ない服が多い・・・。タンスの肥やしってやつですね。

それで気になるシャツが2枚TAKA-Qであって、2枚とも試着して、2枚とも買おうと思って一歩立ち止まりました。

それ、ガチで気に入ったか?と。

お前、必要だから、ちょっと気に入らなくても買おうとしていないか?と。


■青いシャツだけを買った

結果、結構気にいた青いシャツだけを買ったのですが、なかなかこれは着ています。

でも、すっげー、100%気に入ってるというわけでもない。

でも、ワードローブとして機能しだしました。

そして思った。「あんまりだけど、みんなこういうの着てるよな・・・」っていう判断で買おうとしたもう一枚の白シャツは、「恐らくタンスの肥やしになっていただろう」と。

そこで思いが至りました。

なぜ、僕は服を少ししか持っていないのか?

それは、気にいるもののストライクゾーンがすごく狭いから。

で、昔は、「これむちゃくちゃ僕に似合うじゃん!」と思う服を探して、一日中、その街のショップを訪ね歩いていました。そして、気に入らなければ何も買わずに帰ることも・・・。

だから、同じ気に入ってる服を何度も着ることになる。

で、最近は服選びに妥協していたな、と。


■人間には妥協してはいけない時がある

そんなことをツラツラと考えていた時に、読んでいた本に次のようなことが書いてありました。

人事だけは、迷ったらやらないと決める。
人事の失敗は、取り返しがつかない。 


_AA300_

『「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の考え方』(書籍版) (kindle版)

これを読んで、「そっか、人間には妥協してはいけない時があるんだな」と思いました。

人事は確かにそうだろうし、服選びっていうのもそういうことやなと。

服を真剣に選んでた昔の自分を思い出そうと。

でも、気にいる服が全然ないんですよね。

僕、あれ、服作ってる側の怠慢なんじゃないかなと思ってるんです。

「服作ってる側が、『まあこんな感じのデザインじゃね?』程度で、デザインを妥協してないか?」と、僕は小一時間、問い詰めたいわけです。

魂入ってない仕事をする人が嫌いなのです。

お前ら駆逐されろとすら思います。

世の中にはびこる、僕をイライラさせる製品の所業については、今度また書きたいと思います^^


現場からは以上です!

広告を非表示にする