おもしろいインターネット(旧:池袋で働く編集長のブログ)

「人生から逃げるのではなく、人生に立ち向かう本を」 Powered by. 編集集団WawW ! Publishing

安くおしゃれに見せたい男子が行くべきショップが一択に絞られた件!ZARA、H&M、バナリパ、EDIFICEとか好きな人はスーツセレクトに行け!

グッグッモーニン!
編集集団WawW ! Publishing代表の乙丸です。

過去の仕事は→ http://thnktnk.jp/achievements/
仕事のご用命は masuno.otoma■gmail.com(■を@にかえて下さい) へ。


ZARA、H&M、バナリパ、EDIFICEが好きな人は、スーツセレクトに行け!

 

実践すべく、ちょうど通りかかった スーツセレクト池袋店 に行ってきました!

 


■スーツセレクトの私服がむちゃおしゃれになってた!
で、僕は、ツープライススーツショップが出してる私服は意外とイケてるということを知っていたので、スーツセレクトというショップに入ったのですが・・・、

スーツセレクトの商品が、すげーよくなってた!

ツープライススーツショップっていうのは、洋服の青山が、若者向けのラインとして出店したザ・スーツ・カンパニーを皮切りに(←だったはず・・・)色々なショップが出店された、19,800円と29,800円のツーラインの価格帯を中心としたスーツを売っているお店のことです。

他には、オリヒカとか、パーフェクトスーツファクトリーとかが有名かと思います。

で、僕は、服はカットこそ命!と思っているので、これまでオリヒカの服以外は、ツープライススーツショップの服を買うことはなかったのですが・・・、

まずは、スーツセレクトの服のカットが、すっげー洗練されてたんです!

写真

例えば、上のスーツの写真だけ見れば、わかる人にはわかると思うんですが、カットが、マジシャープ。スッキリ!

こういうカットって実際、ブランドスーツなら当たり前なんですが、安いスーツではなかなか見つけられないものです。


■で、私服のラインがまじ超弩級だった!
で、僕は最近もう友達の結婚式以外でスーツを着ない生活になったので、そそくさと私服のところにいくと・・・、

これが超弩級の品揃え(量じゃない)だったんです。

これは多分、写真で見てもらったほうが、わかる人にはわかってもらえると思うので、写真で紹介・・・。

写真 1

まず目について、というか速攻買ったのが、上の7部袖シャツ。

これ、何がすごいかっていうと、メンズなのに、こんなにかわいくて、しかもセミフォーマルな印象を出せるパターンの服って、まず、ほとんど見つけることは困難です。
(例えば、こういうのって、なかなか僕が一番好きなセレクトショップであるエディフィスいっても見つからないものです)

写真 2

で、スーツセレクト、ガチやないか!と思ったのが上のシャツです。

これ、水色のクレリックシャツ(襟と袖が白無地のシャツ)といえば、恐らくクレリックシャツの中でも最もベーシックなクレリックシャツですが・・・、

こんなきれいな発色の水色の、しかも超ベーシックな形のクレリックシャツって、見つけようと思ったら超困難なんです!

もう、クレリックシャツ探しの旅は終わった・・・というレベルです。

写真 1 (1)

で、多分、スーツセレクトの凄みがわかるのが上のシャツ。

このシャツで僕が何を言いたいかというと、「ストライプのシャツが好きな人で、ストライプがこのぐらい太いシャツを探してる人って結構いると思うんですが、こんなちょうどいい塩梅にストライプが太いシャツって、見つけるの結構困難ですよね?」ということです。

こういった、実にベーシックな太いストライプのシャツを探すのって、結構骨が折れるんです。

写真 2 (1)

例えば、上のポロシャツとかもわかりやすいと思います。

ポロシャツって、体型がすごくいい人じゃないと、結構おっさんに見える服なんですが、こういったボタンの部分が少し長いポロシャツって、おっさんに見えずに、洗練した印象を与えられるものです。

が・・・、こういう洗練されたポロシャツって、(ブランドものならありますが)安い値段ではなかなか見つけられないんです。
(・・・が、スーツセレクトには、バッチリあります)


写真 3 (1)

VネックTシャツとかも、意外と洗練されてるの見つけるの難しいんですが、この洗練されようです。

写真 3

最後に、ギンガムチェックシャツですが、ここまでベーシックなギンガムチェックシャツなんて、本当にほぼないレベルです。

しかも、シャツのカットがあまりに洗練されているため、全部着痩せして見える服になっています。


■なんだ佐藤可士和さんじゃん!
しかも、ここで紹介した全てのシャツが、驚異の3,800円です!

スーツセレクトって、そんな洗練されてるイメージなかったんで、「デザイナーさん変わったのかな?」とか思って調べたら、

なんだ、スーツセレクトって、佐藤可士和さんがプロデュースしてるんじゃん!てことがわかりました。

SUIT SELECTは、リアルスーツをコンセプトにアートディレクターの佐藤可士和氏監修のもと、ツープライス業態を展開。――SUIT SELECT/熊本市のゆめタウンに100店目、24日オープン(流通ニュース)
  
どうりで・・・、と思った僕でした。
(どこまで可士和さんがかかわられてるかは不明ですが・・・)

で、今思えば、スーツセレクトって昔、スーツセレクト21って名前だった気が?

もしくは違うライン?

イメージとしては、スーツセレクト21 → スーツセレクト に社名変更した時に、洗練されたんじゃないか?と思っています。

ベーシックな服を扱っているという意味で、僕の中で、バナナ・リパブリックやエディフィスを、スーツセレクトが超えました☆

これは、佐藤可士和さんスゲー!っていう結論になるんでしょうか???

20100915215103
『佐藤可士和のクリリティブシンキング』(日経ビジネス人文庫)

・・・僕はユニクロが(日本人の服装をダサくしているという意味で)大っ嫌いですが・・・。

★スーツセレクト・ショップリスト


現場からは以上です!!!
広告を非表示にする